おともだちぱんち

日々の学習とサッカーとアニメとその他

Spirit Of Hisato (天皇杯準々決勝 鹿島vs広島)

去年の12月24日,街はクリスマス・イブで盛り上がる中,僕は天皇杯準々決勝鹿島アントラーズサンフレッチェ広島を観戦するために鹿島スタジアムにいました.やっと文章がまとまったので,いまさらかとは思いますが,広島サポ視点で試合レポートを書きたいなと思います.

アウェイ自由席から見た景色です.ただただ壮観でした.

 

成田空港へは前日に着いたので,前日の夜に東京を少しだけ観光し,千葉県津田沼の漫画喫茶で一泊しました.

試合のチケット,飛行機のチケットと青春18きっぷの3つしか持ち物になかったので,JRを使って総武線→成田線鹿島線と経由して行きました.次行くときは多くのアウェイサポーターがしているように,東京駅からのシャトルバスを使うと思います.成田線鹿島線の便利が悪すぎて到着までに3時間半かかりました.下の画像を見るとそれがわかると思います.

まっすぐ行けや

 

さて,なんとか鹿島スタジアムに着きました.

スタグルが美味しいと聞いていたので,早速食べてみることにしました.

んめぇ~~~~~~~~~~!!!

 

上から順番に,チキン南蛮丼,もつ煮込み,ビール,ベーコン巻きです.特にもつ煮込みは,広島サポーターのほぼ全員が食べてるんじゃないかというぐらい人気でした.なんといってもそのうまさ!速さ!あったかくて電車旅の疲れを吹き飛ばしてくれました.スタグルとして完成されてるメニューです!

 

スタンドからパノラマ写真を撮ってみました.やっぱりピッチとの距離が近いって大事っすね.試合中は選手の気迫がビシビシ伝わってくるようで,否が応でも盛り上げさせられます.

(広島のスタジアム問題を絡めて書くとめんどくさくなるのでここでは書きません.北摂在住広島サポなんで,個人的には吹田スタジアムで年1回試合してくれるだけで万々歳です.)

 

 

さて,今回わざわざ遠く茨城まで足を伸ばした理由ですが,佐藤寿人選手が2016年シーズン限りでサンフレッチェ広島を退団し,名古屋グランパスに移籍してしまうというニュースが流れたからです.天皇杯は各シーズンの最後に行われるトーナメント試合なので,そこで負けてしまえばシーズン終了,すなわち寿人の退団になります.

もちろん負ける気で行ったつもりはありませんが,バイトの日程,帰省の日程を含めるとこの試合が見に行ける最後の試合だったので,見に行くことを決意しました.

 

佐藤寿人選手は,長くに渡ってチームの中心に居続け,常に最前線で最高のプレーをし続けてきた,そして広島の精神的支柱で有り続けてきたトッププレーヤーです.

しかし,最近の成績は良くなく,試合に出られる時間も減っていきました.そこで2017シーズンからJ2で戦うことが決まりチームの建て直しを図っている名古屋グランパスから声がかかり,移籍をすることに決めたそうです.

 

試合を見に行った先は,サポーター達が,「寿人選手が名古屋でも活躍することを願って横断幕をプレゼントしよう」という企画をしていました.

数え切れないほどの人の名前が書かれてます.それだけサポーターから愛された選手だったということがわかります.(僕も書きました.)

 

試合の内容はここで詳細に書くより,スポーツライターなどの記事を見たほうがわかりやすいと思うので,簡潔に書きます.

試合は1-0で鹿島アントラーズの勝利でした.正直,1点ビハインドで終わって良かったといえる試合でした.レアル・マドリードなど世界の強豪との連戦を終え,勢いと自信をつけている鹿島に終始押された試合でした.前半は惜しいシーンもあったけれど,後半,広島のFWアンデルソン・ロペスのコースの甘いPKを鹿島GK曽ヶ端がきちんと抑えたり,広島が攻撃をしてもシュートで終われないなど,鹿島守備陣が安定していたなという感想です.鹿島アントラーズのスタメンはベストメンバーではなかったようで,ほんとに完敗という言葉がふさわしいです.(鹿島アントラーズ天皇杯も制して,来シーズンも勢いをもって臨んでくると思います.)

さて,その寿人選手ですがスタメン出場し,後半34分で交代しました.間近で見ると本当に彼のプレーから気迫が伝わるものが多かったです.

寿人選手は現在34歳で,普通なら引退を考える年齢です.(実際,サンフレッチェ広島の同期の森崎浩司選手は今季をもって引退します.)しかし,「出場機会が欲しい」「もっと点をとりたい」「まだまだサッカーがやりたい」という意志を持って名古屋に移籍することを決めたそうです.

 

今回僕が試合を見に行った鹿島アントラーズには,チーム黎明期の偉大な選手ジーコの名をとって,「Spirit Of Zico」という言葉が受け継がれているそうです.このSpiritとは,彼が大事にしていた「献身・誠実・尊重」という魂であり,チームとしてこれを大切にしているそうです.

寿人選手のハングリーさ,ひたむきさ,情熱など,言うなれば「Spirit Of Hisato」をサンフレッチェ広島として,そしていちサポーター個人としても受け継いでいけたらなと思います.

 

いまのサンフレッチェは転換期と多くの人が言います.昨年シーズンはけが人も続出し,寿人選手,浩司選手や多くの選手が退団,移籍などでチームを去ります.また,長い間チームを支えてきた選手もプレーが全盛期のものではないことも事実です.(実際試合を見に行ってみて,中盤の要である青山選手やサイドのミキッチ選手も衰えてきたのかな?という印象を受けました.)

チームの来季を不安視する人も少なくないですが,去っていった人,いま所属している人,応援している人など多くの人のSpiritsを大事にチームづくりを行っていけばきっと大丈夫だと信じていますし,そんなチームであってほしいと思います.

また,そんな広島をこれからもずっと応援していきたいです.

 

試合が終わったあと,選手全員でサポーターのところに挨拶に来るのですが,寿人選手だけ最後に残り,涙を流しながら頭を下げていました.広島サポーターも寿人コールで応えたところ,鹿島サポーターからも寿人コールが聞こえてきました.本来鹿島アントラーズのセレモニーが行われる時間だったそうですが,少し時間をずらしてくれたそうです.

f:id:friendpunch193:20170109104151j:plain

新天地名古屋での活躍を祈ってます.